なぜ木を彫るのか

阿部乳坊今ままで石、土、鉄、プラスチック、蜜蝋など様々な素材に触れる機会があり、その中で自分の表現したい事とそれをどのような 素材で表現するかを試して来た。作品を作る中で見えて来たものがあった。それは人であり自分自身であった。様々な素材の中で 木が一番人間に近い。単純に生きているものなのだ。生きている時間も近い。木は呼吸し、香りを放ち、そして朽ちる。
私は木の素材を借りて、時にコントロールし時にコントロールされながら製作を続けたいと思う。

プロフィールを読む

自刻像を彫る理由

私のいままですべての作品は「self portrait」である。すべて自分自身の分身であり、正確に言うと他者になる。 自分を彫るのだが作品は現状での定着に過ぎない。私は常に変わり続けるし、昨日の私と今の私、明日の私は違う。 私が生活や旅の中で何かを発見をすれば作品も何かを発見し、何かにつまづけば作品もつまづく。ときに作品は私を 励まし、ときに宥め、そして作品と語り合う。私の生き方そのものが作品に現れる。作品を豊かに面白くするために、 生き方を豊かに面白くしなければと思う。
だから私は自分自身を彫り、己を知り、世界と関係し続けて行きたいのだ。

そして私にはもう一つ課題がある。「バランス」である。
これは小学校のころに作った「ヤジロベー」に由来する。ヤジロベーの存在感を思い出してほしい。
あの儚く,されども存在感の在る有り様を。
それを見て「これだ」と思った。
まさしくこれは私自身であり、強さと弱さを兼ね備えた人間の有り様だと。
そのころから手を長くし、中心に中性的な顔を配置した作品を作り始めた。そして様々な要素を取り入れ、また排除し 今の「self portrait」が存在しているのだ。
阿部乳坊私の作品の原点を語るには父と母そして姉の存在が欠かせない。私がまだ幼少期に父と母は夫婦喧嘩を繰り返していた。 そのあいだに入るのが私より4才年上の姉であった。私は臆病で弱く、それをただ泣き叫び、見ていたのだ。時に気違い のごとく振る舞ったこともここで述べる。 その幼少期の体験(今はすこしづつであるが父と母も角が取れつつある)が私の作品の中核を成すのではないだろうか。 父と母を繋ぎ止めたい。離れた存在を繋げたい。離れた存在を繋ぐ一つの部分として存在したいのだ。つまりヤジロベー で言うならば右手が父で左手が母(今の所右左の配置について深いこだわりはない)であり、真ん中に存在する顔が私な のだ。はじめは父と母、いつしか国と国、世界と世界、個人と世界を繋げられるような真ん中の媒体としてバランスをと り続ける存在になりたいと思う。

ここで難しくなるのが3以上の関係についてだ。大概1対1でならばコミュニケーションはなんとかなる。
(成らない事も往々にしてある。)実体験として父と私、母と私、姉と私が対にして話すと円滑にことは運ぶ。しかしそれ が三人、家族集合となるとぎくしゃくし始めるのだ。最近実家に帰った際そういう機会があり、あまりにもうまく関係が 結べず悔しくて泣きながら新幹線に乗ったことを思い出す。これは家族だけではなく、舞台を広くした場合も言えるので あろう。
国と国と国、団体と団体と団体。
きっといつまでも続くんだろうな、と私は歯がゆく涙を流し少しでも繋げたいと思いつづけるのだろう。

また私の製作には葛藤が必要である。簡単に言うなら素材との話し合いであり、世界と向かい合い対話することである。
葛藤が起こる事で作品はある意思を持ち始める。それは私が決める事でもあり作品が成って行く事でもある。それが面白 いのだ。だから私は出会いを大切にし素材と遊び続けるのだ。
私は私一人で成り立つのではない。様々な出会い、偶然が絡まり合う中で存在している。その様を「self portrait」とし て刻み付けて生きたいのだ。

最近では一つの体に理想と現実を抱えて、邁進する様を作り出している。作品から前に進もうとする意思が匂い立つ事を目指す。


The reason of carving the tree

阿部乳坊I’ve tried to express my vision by several materials stone, clay, iron, plastic, beeswax. I finally chose tree, because the tree is most familiar material to us. The tree is alive, breathing, giving off a mild aroma and it will decay at last. While carving it ,the tree conducts me and give me a inspiration and energy, and I control the concentrated talking with the tree. Then, the human-shaped vision appears as my self-portrait.
⇒Profile

The reason of carving a self-portrait statue

All of my past works were ‘self-portrait,’ and they exist as statues of alter ego for me. But, in essence, they would be statues of somebody else.
Carving a statue is express of myself at the time, but as one varies at different times for the same person, I myself is not always same but also I myself am unconsciously changing.
If I find something in the life or journey, my work also finds something. If I stumble, my work also does. Occasionally, my works encourage me, calm down me, and I commune with them, because my way of life is expressed in my works. For enriching expression, I want to be more curious and enrich my lifetime. In this way, I want to connect with the world intimately through carving ‘myself’ and knowing it.
阿部乳坊I have another challenge, ‘balance.’ It drives from balancing toy that I made in my childhood. I want you to remember a feeling of it. It has a fragile sense of presence, but it cannot be ignored. At a certain moment, I felt ‘this is it ’! It seemed my-self and the human being that combines both strength and weakness. Since then, I innovated the characteristic aspect of balancing toy into my work; its fragile sense of presence and movement derive from long arms and gender-neutral elements. On its base, my current ‘self-portrait’ exists through innovating and clearing off .various elements.
To tell the origin of my work, it is indispensable to telling about my parents and my older sister. My parents frequently quarreled at an early age.
My sister who is four years older than me intervened to calm a quarrel between my parents. I was timid and weak, so I was just crying and seeing the quarrel. Sometimes I acted like a mad. I want my parents to get back together again. I hoped of mending their ties. And I hoped of being a part that connecting separated two. This experience at an early age becomes central to my works. Thus, in balancing toy, each arm are my father and my mother, the center part is me. In the first step, my theme was my parents, but I want to explore interesting theme, relationship between individual and nature, individual and world , a country and a country etc… Becoming the center part of balancing between two elements for connecting them is my hope.
But relationship consist of more than three elements is not easy. In fact, face-to-face communication between me and my father, me and my mother, me and my sister is very smooth. But as a family we cannot make a smooth communication. Recently, when I returned to my house, I had such an experience. I live away from my family and I sometimes returned to my home. At the time, our family was being on shaky terms with each other, I felt frustrated and sad when I leave my home. I know good relationships among countries or groups or individuals.
Furthermore, having a conflicted feeling is necessary for my work through the taking with material and dialogue with this world. One man exists by a round of chances and encounters. I feel a pleasure of daily chances that enrich me and my lifetime. I want to carve out such a complicated internal aspect as my self-portrait with my sense of balancing. I believe it would be a human-shaped ‘internal aspect’ from which one can scent a human suffering and hope.